医療法人 松寿会 共和病院

〒601-1378 京都市伏見区醍醐川久保町30
電話でのお問い合わせ 075-573-2122

私たちが目指すもの

あらゆる痛みの緩和、改善 残存機能の最大限の活用 二次的障害の発生予防などを行い入院~在宅までのより良い支援

  • 理学療法
  • 作業療法

≪ リハビリスケジュール ≫ 当院では外来においてもリハビリテーションを行っています

実施日 実施時間(受付時間) 対象の患者様 治療内容
月~土 9:00~(受付11:30まで) 外来 理学療法・作業療法・消炎鎮痛
(土曜は消炎鎮痛のみ)
月~土 13:30~17:00 入院 理学療法・作業療法・消炎鎮痛
(土曜は消炎鎮痛のみ)
月~金 18:00~(受付20:00まで) 外来 消炎鎮痛のみ

デイサービスに関しましては介護サービスセンター小野までご相談下さい

理学療法

スタッフ
理学療法士 4名(男性3名、女性1名)
作業療法士 2名(男性1名、女性1名)
柔道整復師 2名(運動療法機能訓練技能講習会 修了)
マッサージ師 1名(運動療法機能訓練技能講習会 修了)

≪ 運動療法 ≫
  1. 身体の基本動作能力(寝返り、起き上がり、座位、立ち上がり、歩行などの回復、関節可動域の改善、筋力強化、全身持久力の向上、運動調整能力の改善などを行っていきます。
  2. 術後の急性期におけるベットサイドの運動から、 回復期における運動療法や慢性期の運動機能の維持まで、生活に障害を持つ方々の治療や援助、指導を行っています。
  3. 必要に応じて退院後のより良い自宅生活の為に、 家屋改修に際してご自宅に伺い、改修のための助言を行う場合もあります。
≪ 物理療法 ≫

温熱療法、水治療法、光線療法、電気療法、牽引療法などを用い、痛みの軽減又循環の改善を図ります。

作業療法

≪ 作業療法とは ≫

脳卒中、頭部外傷、骨折などの患者様に対して、患者様の生活が最大限に取り戻せるように日常生活動作、身体的機能の回復・維持の訓練とサポートを行います。
また、日常の生活できるように自助具、福祉用具の紹介と家屋の改善など環境の調整をご提案いたします。

≪ 作業療法部門の特徴 ≫

作業療法室には、木工作業台、システムキッチン、冷蔵庫、食器棚、洗濯機、洗面所、手すりつき浴室などがあり、生活に即した訓練を行います。

生活訓練で定期的に集団での調理訓練を行います。作業療法士が介入しながら精神的サポート、障害に対する工夫、身体機能改善を図ります。患者様同士で調理の方法を教えあったり、励みになったりしています。

調理訓練風景 左手前腕切断の患者様が手の使い方を考え、工夫する練習になっています

患者様の身体の機能に合わせた箸、コップホルダーなど自助具を作成して生活のサポートを図ります

指がほとんど動かないので箸に工夫をして使えるようになりました。 指4本を切断した方がスプリントで作った指をつけて物を掴む練習中です。

≪ ハンドセラピィ ≫ 手指のリハビリ

当院では指の切断、骨折、腱損傷、関節症など手の外傷患者様が多く来られます

生活動作訓練

関節の運動、筋力アップの訓練に加えて、木工作業・家事動作訓練などで手の機能獲得を目指します

ページトップへ

当サイトについて | 個人情報保護について | 採用情報