医療法人 松寿会 共和病院

〒601-1378 京都市伏見区醍醐川久保町30
電話でのお問い合わせ 075-573-2122

MRI超伝導磁気共鳴断層撮影装置(Philips/Achieva1.5T Pulsar)

[写真]MRI超伝導磁気共鳴断層撮影装置

MRIは、放射線被爆なしで全身のあらゆる方向の高画質な断面画像を得ることができ、特に頭部・腹部・脊椎等の描出に優れています。
また1.5TのMRIは造影剤を使用することなく脳血管を描出する事ができる最先端の画像診断装置です。

脳動脈瘤、脳梗塞などの脳血管疾患に威力を発揮します。

64列マルチスライスCT(東芝/Aquilion64)

[写真]64列マルチスライスCT(東芝/Aquilion64)

最新の64列マルチスライスCTを導入しています。
従来撮影に時間がかかっていた広範囲の撮影を数秒の息止めで撮影できます。

高齢者や小さなお子様でも楽に鮮明な画像を得ることができます。
特に常に動いて撮影が困難であった心臓(冠動脈)の検査もできるようになりました。
また薄いスライス厚で撮影することにより、様々な角度の断面画像や3D画像を作成することができます。

胸部・腹部・頭部・四肢すべてにおいて鮮明な画像をえることができます。

血管造影室(GE/innova2100)

ge

心臓カテーテル検査で用いる心臓専用の最新式のフラットパネルを用いた血管撮影装置を導入しています。

高画質・低被爆線量であり院内画像ネットワークに直結しています。
また当院では痛みや合併症の少ない手首からのカテーテル検査・治療を第一選択としています。

X線骨密度測定装置 (HOLOGIC/Explorer QDR system

[写真]骨密度測定装置

当院では腰や股関節で測る本格的骨密度測定器を導入しています。

簡易型である超音波式より誤差が少なく非常に正確であり骨粗鬆症や骨折の治療判定にも用いられています。
ぜひ整形外科にご相談ください。

超音波診断装置(東芝製 Aplio XG)

[写真]超音波診断装置

超音波(人間の耳には聞こえない振動数の高い音)を用いて内蔵や血管の形、血液の流れを観察することが出来ます。
特に心臓に対して非常に高度な画像を得ることができる最新機種を導入しています。

心臓に不安がある方、健康診断で心雑音・心電図異常を指摘された方、肝機能異常を指摘された方は、ぜひ循環器内科・内科に御相談ください。

ページトップへ

当サイトについて | 個人情報保護について | 採用情報